FC2ブログ
10月29日(金) 入善町立小学校
2010 / 10 / 29 ( Fri )
5校時 14:30~15:15
5年1組合同
派遣講師 六万郷子 佐々木恵美
   
佐々木恵美 入善上青

10月12日に引き続き2回目の授業です。今回は研究会があり参観者も多いので
子供たちもちょっと緊張気味かな??
栄養士の先生が、この日の給食に使われた地場野菜を用意してくれていました。
1回目の授業内容を振り返ると「ベジフルセブン」「野菜は5皿食べるんだよと
お母さんに伝えた」「産地の話」など授業内容をきちんと覚えていてくれました。
1回目の授業でだした「産地チェック」の宿題。「宿題やってきた人」と聞くと
全員が手を挙げてくれ、「はい!はい!」と元気いっぱいです。入善の地元野菜も
探すことができました。お肉の産地は気にしていたけれど、野菜は気にしたことが
なかった。。。という子供たちでしたが、「産地を探すのは楽しかった」と宿題も楽しんで
行ってくれたようです。
先生からは、産地チェックは高学年に合っている宿題。野菜博士カードが子供たちの
モチベーションにつながる。ベジフルセブンが記憶に残って良い。量を考えて野菜を
食べる機会になったのでは…等のご意見を頂戴いたしました。
校長先生はじめ、栄養士の先生、担任の先生のご協力に感謝いたします。

佐々木恵美
スポンサーサイト



14 : 29 : 23 | 平成22年度10月実施分 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月29日(金) 水戸市立小学校
2010 / 10 / 29 ( Fri )
5校時13:40~14:25
6年1組 生徒数16名
派遣講師 堺 陽子  村田みどり

早く到着したので、校長先生とたくさんお話させていただきました。

北海道に次いで農地面積全国第2位の茨城県内の小学校で行った授業は、
これまでにない展開から始まりました。
野菜でビンゴゲームは、3個目で早くもビンゴの子供達が続出し、
予定の時間よりも早く終わってしまったのです。

そこで「茨城県は、農業の盛んな地域で生産量が全国第1位のお野菜が沢山ありますが、それはなんでしょうか?」 と、子供達に質問しました。

それも次々と手があがり、生活の中でいつもお野菜が身近にあるという印象が残りました。
校長先生や担任の先生もおっしゃっていたのですが、子供達は素直でおとなしく真面目で引っ込み思案な子が多いようでした。地域性かもしれないようです。

きっとその真面目さで野菜博士に挑戦してくれるのでは、と期待しています。
お土産にペポかぼちゃ(おもちゃかぼちゃ)を持参したら、手作りのハロウィンの飾りをいただきました。1年ぶりの出前授業でしたが楽しく終えることができました。ありがとうございました。

村田みどり
 
14 : 01 : 52 | 平成22年度10月実施分 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月28日(木) 八郎潟町立小学校
2010 / 10 / 28 ( Thu )
4校時11:30~12:15
4年1・2組合同 生徒数54名
派遣講師 佐藤 千恵 小原 薫

小原薫 八郎潟2
小原薫 八郎潟


昨年の実施校でもあり、玄関に着くや否や、子供たちの「べジフルティーチャーの先生ですか?」とのお出迎えを受け、今日を楽しみにしていてくれたのだなという思いが伝わってきました。
また今年の夏休みに、親と朝食を作ってみるという課題もあり、廊下にそれぞれの写真やレシピがあり、昨年の授業が生かされていることを嬉しく感じました。
地域との連携もよく、地元の野菜が届いていて、教室に設置されていました。
JAの担当の方との打ち合わせもスムースで、こちらがお願いした事がまんべんなく入っていて、旬って何?の部分にすんなりと導入ができました。
副菜ハンターでは、八郎潟太郎君の食事から副菜を見つけ、「この食事ではいけないなぁ」、「自分なら副菜は7つ食べている」というところまで、意見が活発に出ました。
野菜博士の5か条に大変興味を持ち、早く1週間が終わって、先生に記録シートを出して野菜博士になりたいと私たちの認定証を手にとって見ていたのが頼もしく思えました。
メモをきちんととっている子が多く、理解度が高いと感じられた授業でした。

小原 薫
 
14 : 01 : 07 | 平成22年度10月実施分 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月26日(火)  練馬区立小学校
2010 / 10 / 26 ( Tue )
2校時 9:30~10:15
4年2組 生徒数28名
派遣講師 影山のぞみ 五十嵐淳子

五十嵐淳子 南田中2
五十嵐淳子 南田中


今回は2回に分けた研究授業の2回目の授業でした。
前回の1回目は研究授業で、他校の先生方も見学に来られていて、非常に緊張しましたが、
今回も学校公開日という事で保護者の方々が沢山来られていて、またまた緊張の授業となりました。
前回の授業で「野菜の産地チェック」を宿題として調べてくる用のお願いしていたところ、
児童達みんな、沢山調べてくれていました。
ほぼ全員が1度は発表することが出来て、授業はとても盛り上がったと思います。
発表を進めていく中で、この練馬区周辺で手に入る野菜は、関東近郊と北海道産が多い事も解ったと思います。

前回の授業で、時間通りに終わらなかった事のご指摘を受け、今回は注意しながら進めていたのですが、やはり、初めて行うカリキュラムで、時間配分が非常に難しかったです。

授業終了後、担当の先生とお話をさせて頂きました。
昨年もこの小学校では「食育出前授業」を実施しているのですが、「野菜博士」のカードを取得できた児童がとても少なかったと聞き、私としてはびっくりいたしました。
書けないところがあり、提出をやめてしまう児童が多いという事でした。
書けないところは、「私の野菜料理」のところだそうです。
「料理を作る」というところでハードルがかなり高くなっている事を理解いたしました。
次回の授業ではこのご意見を十分に把握して、簡単なレシピ紹介が出来るようにしたいと思いました。

五十嵐淳子
  
13 : 57 : 00 | 平成22年度10月実施分 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月21日(木) 神戸市立小学校
2010 / 10 / 21 ( Thu )
3校時10:45~11:30
5年1組 生徒数30名
派遣講師 福谷玲子、井戸祐子

都会の真ん中の小学校なので、近隣に田畑もなく学校菜園も少しミニトマトを植えているだけという、
身近に野菜と接する機会の少ない小学校でした。

しかし、給食は自校方式で、できるだけ兵庫県産の野菜を使うというこだわりをお持ちの熱心な先生方がいらっしゃいました。給食調理室の前には本日の献立と栄養の説明が示してあり、時には今日使う、調理する前の生の野菜を展示しているそうです。

生徒達は授業で野菜について真剣に取り組んでくれましたが、まじめに考えるあまり、「野菜博士になるのは難しい。」と考える子供もいました。
担任の先生方も、質問をされたり、写真を撮ったり、生徒達が知らないめずらしい地場野菜を「わざわざ買いに行くほどおいしい。」と言って盛り上げてくださいました。

井戸祐子

神戸の市街地にありながら生徒数がすべての学年1クラスだけという小学校で、こじんまりして
アットホームな感じでした。先生の指導が行き届いたクラスで授業の雰囲気もとても入りやすく
最初のビンゴゲームからのりの良い反応を見せてくれました。

知っていいる野菜を書いてね。という問いに、お米は野菜?とかわかめは?とか積極的に質問
も投げかけてくれて導入としてよかったと思います。

次の地元野菜については、井戸さんが岩津ねぎの説明をしてくださったとき、先生から社会見学
で訪れた地名だったので、生徒さんに直ぐにそのことを伝えてくださり、また先生はそのねぎを
わざわざ買いに行ってその味を確かめたことも話してくださり、リアリティーが増しました。

その後の副菜ハンターの時も、真剣に考えてくれて副菜の量が70gないと数えることが出来ない
と言う事にとても反応していました。先生もご存知なく勉強になったと言ってくださいました。
野菜博士になろうについては少しめんどくさいなぁという感じもありましたが、トマトにチーズ
を乗せてオーブントースターで焼くだけという話をしたらそれなら出来そうといった意見も出ま
した。

最後にベジフルセブンを声をそろえて唱和するときは、全員が大きな声で言ってくれて
一体感で終わることができました。先生が食に関してとても熱心に取り組んでおられるのが
今回の授業が進めやすかった事にもつながったと思います。 

福谷玲子  
13 : 49 : 33 | 平成22年度10月実施分 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ